FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”手づくり酵素ジュース”についてご質問がありました 2(^0^)

慢性の病気や悪性腫瘍を持つ犬たちは、突然その病気になるわけではないのです。
それまでの食生活や、ストレス、加齢による活性酸素の発生、化学物質の摂取、、などなど慢性的に蓄積されたことによって、体全体の免疫力が落ち、ガン細胞の定着、発病、また他の慢性的な病気の発生につながるのです。

もちろん、親から受け継いだ病気の因子というものはありますが、それを発病させない方法が必ずあるはずだ、、と思って勉強してまいりました。

まだまだ勉強途中ではありますが、間違いなく言えることは上記の原因によることです。それを気が付いて改善していけば、健やかなクオリティーオブライフをおくっていけるはずです。たとえ発病後でも☆

気が付いたときにまず行うことは、食生活の改善と解毒(排毒、デトックス)をすることです。
解毒・排毒・デトックスとは、ほぼ同じ意味で使われると思いますが、体の中の毒素を外に出すことです。

洗剤の宣伝で昔ありました。”酵素パワーのなんとか!”って、、酵素パワーってなんだ??って当時から思っていたのですが、酵素がする仕事のひとつにたんぱく質の分解があります。。消化酵素って聞いたことありますよね。消化酵素はおもに胃の中に食べ物が入ったときに、いろんな種類のたんぱく質を分解して、消化吸収しやすくします。大根おろしのジアスターゼなどは聞いたことがあるのではないでしょうか?大根おろしをかけたハンバーグや焼き魚を大根おろしでたべることはとても理にかなっているのです。

酵素の種類、分類、役割り、は多岐にわたり、それは体の細胞の合成、また細胞内の解毒に欠かせないものです。
酵素による解毒とは、からだ、細胞にとって毒になるたんぱく質を分解して体外に排出することです。

たとえば、ウイルス、細菌、からだにとって不自然なたんぱく質(たとえば、農薬、除草剤を使い、化学肥料でそだてた穀物、野菜類の有害物)などを分解して排毒してくれる役割もあります。

体の中でうまく酵素が働いてそういったものを解毒してくれると、たとえばガン細胞の発生があったときに免疫力がうまくはたらき、ガン細胞の定着を防いでくれるのです。もし、酵素がたりなくて、体にとって毒になるたんぱく質が解毒されていないと、免疫力が落ち、ガン細胞などが定着しやすいからだになってしまうのです。

それからたとえ、がん細胞が定着してしまっても、酵素を取ることで解毒し、自分で自分の体を治す力、つまり治癒力が高まる、ひとつの大きな糧となるのです。

自分で手づくりした”酵素ジュース”を摂取することは、健康な細胞をつくり、細胞にとって有害なものを解毒してくれるのに、大きな手助けをしてくれるのです。

酵素について私がわかっていることはまだそれだけで、もっと深い深い、、役割があります。河村文雄先生のホームページを貼り付けておきますので、そちらをご覧下さい。

十勝均整社

今日の”酵素ジュースかりん&ゆず入り”かぜっぴきの私はこれから飲みます(^0^)
201003022128000_convert_20100302212348.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

アイ☆リンまま

Author:アイ☆リンまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。