FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からうろこ、、ドライフードの与え方(@@) 2

先日のつづきです。
うすいお茶でふやかしたドライフードにトッピングをしてあげました。
200912080239000_convert_20091210203343.jpg

我が家では、アーテミス”アダルトドッグ”にその日の食事に使う野菜をトッピングします。

この日は、ゆでブロッコリー、ゆでほうれんそう、ごま油で炒めた豆腐とマイタケ、これらをいっしょにできるだけ細かく刻みます。とにかく細かく・・そうするとうまく消化してくれるようです。

あと、サプリメントとして”ケルプヘルプ””クランベリーの実のフリーズドライ”です。ケルプは陸上の野菜にはないヨウ素、ミネラルなどの栄養素と、クランベリーの実は、膀胱内のペーハーの安定性に使います。


昔、リンリンはストラバイト結晶ができる、アルカリ尿ですごく辛い目にあわせました。それを解決してくれたサプリメントが”クランベリーの実のフリーズドライ”と”酸性のアスコルビン酸”でした。

現在のズニとナバホはアルカリ尿をだしてはいませんが、念のため夜両方与えたり、クランベリーだけにすることがあります。

アーテミスペットフード、ケルプヘルプ、クランベリー
200912080311000_convert_20091210210314.jpg

は来年ドッグズセンスでも扱いますので、その時はまたお知らせさせていただきます(^^)/~

スポンサーサイト

目からうろこ、、ドライフードの与え方(@@)

先日オーストラリアの獣医さんのセミナーを受けてきました。その先生は西洋医学、東洋医学、両方を取り入れた、代替医療(ホリスティック医療)を使って、診察、治療をしていらっしゃるのです。

すぐにできる、正しいドライフードの与え方を聞いてきました。

まず、これは私が勉強してきたことですが、ドライフードはヒューマングレードの実際の人間が食するものを原材料に使っていて、化学物質、残留農薬が検出されるような原材料を使っていないものを選びます。

それから空気を入れて丸くころっとしているようなフードはやめましょう。(表面がコーティングしてあり非常に固いです)なぜなら、食べ物といっしょに空気を入れると、消化器内のガスの発生が異常になるからです。毎日食べるものですから、内臓に毎日負担をかけます。そうすると将来慢性的な消化器系の病気を引き起こす場合があります。

それから、内臓以外の肉の副産物(トサカ、爪、被毛、羽)などが入っていないものにします。それらもとても内臓に負担をかけます。

最低限、注意することがらです。

その上で、ドライフードの水分含有量はほとんどゼロに近いです。それで、37度くらいのぬるま湯などを、べちょべちょになるくらい入れます。空気を入れてコーティングしてあるものはなかなか水分が中に入っていきませんが、そうでないものは、3分もするとスーッと中に水分が入っていくのがわかります。

そしてお湯ではなく、緑茶にするとなお良いそうです。それは緑茶のカテキンが抗酸化作用を持ち、フラボボイドが口腔内の清潔さに役立つからです。さらにビタミンCも含まれていますよね。人間でも緑茶がかぜ、インフルエンザ、ガンの発生予防に役立つとされています。それで我が家もいままでお湯でふやかしていましたが、薄めの緑茶に変えました。
200912071832000_convert_20091208201829.jpg




かわいい☆<<クリスマスプレゼント!>>☆

きのう、おいっ子、めいっ子から心のこもった、とてもかわいいクリスマスプレゼントとお手紙をもらいました。
200912021529000_convert_20091204154351.jpg

手づくりスコーンと折り紙で作ったボールです。スコーンはめいのみくちゃん、ボールはおいのゆうじくんからのおくり物です。スコーンの中央は私の顔を作ってくれたそうです(*^0^*)

ゆうじくんのボールはていねいに、せいみつに作ってあります。こんなに手がきようだったんだね。すごい、すごい!(@0@)

スコーンはおいしく食べて、ボールはだいじにかざっておくからね☆

ズッ君となっちゃんにもボールを見せて、スコーン少しあげました。ほんとうにどうもありがとう(^0^)/~
200912031730000_convert_20091204160656.jpg

元気になった、あすかちゃん

よかった(^0^)今日あすかちゃんの顔を見に行って来ました。退院してすっかり元気になったそうで、とてもおだやかな顔で寝ていました。
200912021529000_convert_20091202194245.jpg

13歳の年齢となればほんとうに色々心配なことが出てきますが、やっぱりオーナーさんのそばにいるのが一番、どんどん回復していきます。

内臓に負担のかからない葛、さつまいも、リンゴをトロトロに煮て、マッシュしたものをお見舞いに持って行きました。これはふだん元気な子に与えてもとってもいいです。いつものご飯を3/1にして、それに混ぜてあげます。1日2食なら2食そのようにして、2日目の朝はいつもどおりにして、2日目の夜はまた3/1のいつものご飯にまぜてあげます。

腸がやすまりとてもいいようです。体の動きも、表情も活発になります。

このパターンを我が家では9日に1回行っています。7日間は普通、2日間はミニ休腸日を作っています。今3歳ですが、5歳くらいになったら、7日~8日に1回行おうと思っています。色々試行錯誤で、また経過報告します(^0^)/~

プロフィール

アイ☆リンまま

Author:アイ☆リンまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。